目的と事業

Purpose · business

目的と事業について

本協会は、JPL工法®の施工に関する調査研究及び技術開発を行い、環境にやさしく柔軟性に優れたパルスレーザークリーニング工法「JPL工法®」の普及を推進し、地域インフラ事業や各種産業の振興を目的に設立された団体で、安全で良質な「JPL工法®」の供給に貢献し、もって国民生活の向上に寄与することを目的としています。 本協会の事業は次のとおりです。


協力団体・企業と連携し、安全を第一にJPL工法®による施工の普及・可能性の拡大を目指す

■資格認定(安全講習・技術講習)

第三者レーザー施工安全機関においてのレーザー施工一般の安全講習・認定を必須。

JPL工法®施工に関する理論・安全講習及び実技研修によるJPL工法®認定証の発行

資格認定 資格認定事業は、JPL工法®の施工と、その施工品質の管理と安全に携わっている技術者の知識・技能を認定する資格の付与、JPL工法®の基礎的な知識を習得する為の技術講習会の開催を実施しています。




■試験施工

技術の進歩と需要に対応するため、多様な対象部材やターゲットに対する有効的なJPL工法®の適用の確立

様々なシチュエーションや条件での施工においてのデータ取り・観測・検証

■機械・設備の認定

安全に効率的にJPL工法®を施工ができるレーザー機器の選別・認定・推奨

レーザークリーニング装置以外のJPL工法®機器・設備の選別・認定・推奨

JPL工法®を施工するにおいて適切・必要な保護具・保護設備の選別・認定・推奨

■保全・機械管理

JPL工法®においての機器・設備の管理指導

JPL工法®においての機械保全・修理の保証サービス

■開発・研究

大学や民間施設への研究内容に協力・参加

新工法・技術の研究・開発

安全装置、設備、保護具等の開発・改良

機器、装備の開発・改良

■研修・アドバイス・コンサル業務

各産業・事業への施工アドバイス

技術の研修

業界・技術の進展や方針の共有、事業提案

■国機関・役所等との連携

レーザークリーニング施工に関する法令や取り決め協議への助言

土木学会や行政事業の研究活動への協力・参加

■海外研修

レーザークリーニング技術の先端を行く海外での研修

page-1176